脱毛前の禁止事項について

脱毛を行う際は、脱毛前にいくつか禁止事項が発生します。その禁止事項を守っていないと、当日、脱毛の施術を受ける事が出来ない場合などがある為、必ず、禁止事項を守っておく事が大切です。

 

日焼けについて

脱毛サロンや医療機関で行う脱毛の多くは、黒いものに反応し、脱毛を行う仕組みになっています。その為、日焼けした肌に場合、肌全体に強く脱毛器が反応してしまい、脱毛を行う事ができなくなってしまいます。

 

とは言っても、真っ黒に日焼けしない限り、施術が可能になっている場合がほとんどです。その為、脱毛を行うからと言って、長そで長ズボン、帽子を着用し、完全防御で日焼け対策を行う必要まではありません。

 

あくまでも、出来るだけ日焼けを避けた生活を送る事ができるようにする事が大切になってきます。

 

また、脱毛サロンや脱毛を行う医療機関によっては、美白クリームなどを塗りながら施術を行う事ができる場合もある為、万が一、日焼けしてしまった場合は、相談してみると良いかと思います。

 

カミソリの使用

基本的に脱毛を行う際は、自己処理としてカミソリで施術箇所のムダ毛処理を行っておく事が必要になってきます。

 

しかし、ここで注意が必要なのが、カミソリ負けです。カミソリ負けをしてしまった肌は、痛みを感じやすい状態にもなりかねない為、カミソリ負けが心配な人は、施術の一週間ほど前にカミソリでの自己処理を行っておく事をお勧めします。

 

一般的には、3日ほど前が適正と言われていますが、カミソリ負けを考えた場合は、一週間前程度なら大丈夫になっている場合が多くなっています。

 

体調不良や予防接種を受けた場合

施術の前に体調不良を感じたり、予防接種を受けた場合は、施術を注視する必要があります。これは、これらによって、ただでさえ、発熱がしやすい状態にあるにも関わらず、脱毛を行う事で、より、発熱しやすい状態になってしまうからです。

 

急な体調不良は、避ける事ができないものの、予防接種においては、日程を考え接種する事をお勧めします。

 

まとめ

以上のように脱毛前には、いくつかの禁止事項があり、それらを必ず守らなければいけないようになっています。

 

過度な日焼けや過度なカミソリ負けなどを起こすことがないように注意し、その上で、万全な体制で、脱毛を行う事が大切になってくるのです。そうする事で、痛みや肌への負担を軽減させる事が可能になっています。

 

ちいぽぽさんも通うシースリーの詳細